下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右する

病院

疲労が抜けない病気とは

先生

慢性疲労症候群とは、仕事が手につかない、外出もままならないといった重度の疲労感が6か月以上続くことをいいます。現時点では原因不明の病気として認識されています。治療は対症療法的な手法が中心となりますが、気分転換を目的としたセルフケアも有効です。

View Detail

サインを見逃さないこと

PC

一度失った腎機能は取り戻すことはできません。尿の状態やむくみから、腎臓病のサインを早く受け取ることが肝心です。サインを受け取ったら医療機関にかかりましょう。近年では医療が進歩してきましたので、早期発見の場合、腎臓病の症状を抑えることも可能となってきています。

View Detail

睡眠時に呼吸が止まる病気

女性

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸がまったく行われないか極めて低い呼吸しか行われない状態が一定時間及び一定回数続くことをいいます。不眠の原因となり、放置しておくと日常生活に支障を来すことがあるため、早期の治療が推奨されます。

View Detail

手術以外は入院の必要なし

病院

さまざまな治療方法

現在下肢静脈瘤で治療の主流になっているのは血管内レーザー治療です。大阪でもこの方法により治療を行っている病院も多く、大阪の人たちもこの治療方法で下肢静脈瘤の解消を行っています。またこのレーザーによる治療のほかにいろいろな治療方法があり、通院ができる頻度や、逆流している血管の状態や再発の可能性を考慮したうえで治療方法を選択することになります。そのほかの治療方法として、ストリッピング手術や、高位結紮術、硬化療法が行われています。大阪でもいろいろな方法で下肢静脈瘤の治療を行っている人がたくさんいて、自分の状態により治療方法を選択しています。ストリッピング手術はレーザーが対応できない太くなった血管の時に行われています。

圧迫療法を合わせて

高位結紮術は曲がりくねった蛇行がひどい血管に有効で、ひざの裏や足の付け根を切開して、静脈を糸で縛る方法です。再発が少し高い方法になっています。硬化療法は細い血管に硬化剤を注射して血管を閉じてしまう方法です。治療の後に色素の沈着や痛みが出てくることもあります。大阪でもさまざまな下肢静脈瘤の治療方法が試みられていますが、ストリッピング手術以外は入院の必要もなく治療ができる方法になっています。後は医師との相談や、自分の足の状態をよく見てどのような治療方法を選択していくかのみになってきます。上のどの治療方法を選択したとしても、再発や合併症を防止するために弾性包帯や弾性ストッキングを用いて圧迫療法を合わせて行うことになります。

Copyright© 2016 下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右するAll Rights Reserved.