下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右する

病棟

疲労が抜けない病気とは

先生

理由もなく疲れてしまう

疲れは身体の不調であることは間違いありませんが、病気とは違い十分な休息さえ取れば通常はすぐに回復します。しかし、人によっては特別な理由がないのに長期間にわたって疲労感が継続することがあります。こうした状態を慢性疲労症候群といい、現代医学においては疾病の1つとして数えています。慢性疲労症候群は重度の疲労感が6か月以上にわたって続くことをいいます。主として20〜50歳の人に起こり、男性よりも女性の方に発症例が多いという特徴を持っています。この病気は一見するとうつ病などと同種の病気ととらえられがちですが、後述するとおり純粋な精神疾患とは言えないような特徴も持っています。診断には専門的な知見が必要となるため、正しい医療機関を受診することが改善のための第一歩となります。

ストレスを減らして改善を

慢性疲労症候群の主症状は重度の疲労感のほか、記憶力や集中力の低下、睡眠障害、頭痛などです。また風邪を引きやすくなったりリンパ節が腫れたりといった症状を併発するケースが多いことから、免疫システムの異常が発症の要因になっているのではないかとも考えられています。実際、患者の多くが過去に何らかのアレルギーを経験しているという報告もあります。ただ、現時点では多くの研究が行われているにも関わらず原因は特定されていません。免疫異常説やストレス説、遺伝説、環境説など複数の仮説が提唱されているのが現状です。慢性疲労症候群に対する治療法としては、認知行動療法などの心理療法のほか、抗不安薬などを用いた薬物療法などがあります。また、適度な運動を行うなどしてストレスを溜めないような日常生活を送ることでも改善が期待できると言われています。

Copyright© 2016 下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右するAll Rights Reserved.