下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右する

病棟

サインを見逃さないこと

PC

どのような兆候なのか

腎臓病は初期段階では、自覚症状として現れにくく、健康診断などを通じて発覚することが多くなります。しかし、身体からは何かしらの信号が出されています。腎臓も例外なく、その信号を見逃さないことが、早期発見、そして治癒へとつながっていくことを忘れてはいけません。腎臓が出す信号はおもに2つあります。1つは尿の状態です。血尿やたんぱく尿は比較的わかりやすいため、日頃尿をチェックすることで信号を受け取ることができます。血尿は褐色の濃い色の尿がでますし、たんぱく尿は泡立っており、少し濁ったような色になっていることが多くなります。そして、もう1つのサインはむくみです。むくみは腎機能の低下の重要なサインとなります。長期続くようですと、腎機能低下が疑われます。このような状態が確認された場合、市販薬の尿試験紙で確認するとより確実なサインとして把握できます。

医療機関にかかりましょう

もし、腎臓病のサインを受け取ったならば、ぜひ医療機関にかかりましょう。腎臓病の症状は、身体に様々な影響を与えます。一度奪われた腎機能は、基本的に回復することはありません。腎臓病の中でも深刻な腎不全の症状が進行すると、体内に老廃物がたまり、尿毒症という症状が現れます。尿毒症は、腎不全の末期症状とも言われておりますので、相当に深刻な状態です。高血圧の状態が続いてしまえば、心臓への負担が重くなり、不整脈や心不全などのリスクが高まります。これ以外にも、体内に毒がたまる状態ですので、身体の至る部分に、影響が出てしまいます。ここまできてしまうと、もはや人工透析での対応となります。幸い近年では医療が進歩してきましたので、早期に治療を行えば、腎機能低下を遅らせることが可能となってきました。尿のチェックやむくみなどのサインを受け取り、医療機関に早期にかかることが大切です。

Copyright© 2016 下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右するAll Rights Reserved.