下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右する

病棟

睡眠時に呼吸が止まる病気

女性

気づきづらいが放置は危険

はっきりした自覚症状がなく発見しづらいものの、放置しておくと危険を招くこともあるという病気が、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群とはその名のとおり寝ている間に一時的に呼吸が止まってしまうことをいいます。専門学会の提唱する基準によれば10秒以上呼吸が行われない状態を無呼吸と定義し、この無呼吸が一晩(7時間)に30回以上起こるか、1時間に5回以上無呼吸または通常時の半分以下の低呼吸状態が起こるかした場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。自らは就寝中であるため、この病気は本人が独力で気づくことが困難であり、治療されないままでいるケースも少なくありません。今後は治療の重要性を訴えるための広報活動の強化が重要になってくるものと考えられます。

肥満も原因の1つに

睡眠時無呼吸症候群は最悪の場合、呼吸困難による死亡リスクがあります。しかしそこまでいかずとも、深く健康な睡眠ができないことによって集中力低下など日常生活に大きな影響を及ぼすおそれがあります。特に自動車の運転や機械操作を行う人などは早期に治療を開始する必要があります。もし夜間によく眠れないという自覚症状があったり、寝ている時の様子が変だと家族から指摘されたりした時は、できるだけ専門医の診断を仰ぐようにします。現在では呼吸をサポートする医療機器やマウスピースなどを用いた治療法が確立しています。気道を広げる外科手術が行われることもあります。また、この病気は肥満者に多いことが分かっています。運動療法によって減量を目指すことも症状改善のためには重要です。

Copyright© 2016 下肢静脈瘤はレーザーで治療|早期発見が治療方法を大きく左右するAll Rights Reserved.